ナノメートル粉体は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

当社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉体の工業化生産、規模化生産を実現しました。会社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

ナノメートル窒化アルミニウム陶磁器粉

前の製品:ナノメートル窒化ケイ素陶磁器粉 次の製品:ナノメートル窒素酸化チタン陶磁器粉
  • ナノメートル陶磁器粉:ALN
  • 純度:>97.0%
  • 酸素含有量:<0.8%
  • 結晶形:六方構造
  • 平均粒度:40 nm
  • 比表面積:>50 m2/g
  • 松装密度:0.05g/cm3
  • 外観色:灰白あるいは白

    性能特徴:

      本製品高純度、小粒径、平均な分布、大比表(specific surface area)面積、高表面活性、低松装密度(apparent density of powders)、良好な注射成形という性能があります。複合材料に使い、半導体ケイ素との整合性、界面適合性が良いので、複合材料機械性能熱伝導介電(dielectricity 性能が上がります

    主な用途:

    高性能陶磁器部品製造

     (1) 集積回路基板製造: 窒化アルミニウム陶磁器材料は優れた熱伝導、電絶縁性、低い介電(dielectricity定数と介電(dielectricity損耗が特徴で、高熱伝導陶磁器基板の製造に使います

    2)電子部品:規模集積回路の製造で電子部品は放熱性が厳しく要求されるので、満足しないA12O3の代わりに、ナノメートルALNで作った部品を使うと、解決です。

    3放熱器:ALN熱伝導性能A12O310倍ぐらいであるため、窒化アルミニウム設備散熱器のほうが散熱性が良く、異なる放熱要求に満足します。

    4)耐熱坩埚 ALN2200℃高温で安定できるし温度の変化に伴う强度の変化も遅くて、熔融金属浸食抵抗が強いため、純鉄、アルミニウムやアルミニウム合金材料を鋳造する理想な坩埚です

    高分子基複合材料製造 ALNは良好な電絶縁性、介電(dielectricity)性能があり、高分子材料との適合性が良くて、電子製品高分子材料の添加剤として優れています。

    ナノメートル無機陶磁器用潤滑油及び耐磨耗剤: ナノメートル窒化アルミニウム陶磁器粒子潤滑油に使う場合、金属表面のクボミや小さい穴の中に浸透し、ナノメートル陶磁器保護膜が形成します。この保護膜のおかげで、潤滑を改善することで、摩擦係数が70%以上低下し、耐磨耗能力300%以上向上します。機械部品の寿命も3倍以上延びます。保守コスト低下5%-30%エネルギー節約及び設備出力電力 15%-40%向上にもなります。しかし、その添加量はわずか万分です

    熱伝導ケイ素接着剤熱伝導エポキシ樹脂: 超高熱伝導ナノメートルALN複合ケイ素接着剤は良好な熱伝導性、電絶縁性、工事性能及び低い稠度が特徴です。電子部品の熱伝達媒質に幅広く使われ、作業効率を上げます。例えばCPUと放熱間隙埋め、大効率三極管と制御可能なケイ素部品と基材の接着の分け目の熱传递媒質。

    熱伝導プラスチックの応用: ナノメートル窒化アルミニウム粉体プラスチック熱伝導率を大幅に上げられます実験によると、5-10%比例でプラスチックにいれた場合、プラスチック熱伝導率0.3から5になりました。現在市場にある酸化アルミナ酸化マグネシウムなどの熱伝導添加料と比べると、低添加量、製品の機械性能熱伝導效果をあげるのが特徴です。

    高熱伝導ケイ素ゴムの応用:ケイ素と整合性が良いので、ゴムで分散しやすく、ゴム機械性能に影響しない前提でケイ素ゴム熱伝導率を大幅に上げます。しかも、添加量が非常に少ない(熱伝導要求により、普通は5%ぐらいで熱伝導率50%-70%上げることができるです。現在軍事、航空及び情報工学に幅広く使われています。

    その他の分野:有色金属半導体材料ガリウムヒ素を溶解する坩埚、蒸発ボート、熱電偶thermocouple)の保護管、高温絶縁部品マイクロ波介電(dielectricity 材料、耐熱耐腐食構造陶磁器及び透明窒化アルミニウムマイクロ波陶磁器製品また、PI樹脂、熱伝導絶縁雲母帯mica tape、熱伝導脂、絶縁漆及び熱伝導油などがあげられます

    注意事項:

      本製品は乾燥した涼しい場所に保存してください。加圧禁止です。表面処理されていない粉体は水分を吸収した場合固まるので、分散性能と使用効果に影響しないように、使用する時空気の中で曝さないでください。