ナノメートル粉体は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

当社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉体の工業化生産、規模化生産を実現しました。会社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

ナノメートル炭化ジルコニウム陶磁器粉

前の製品:ナノメートル炭化チタン陶磁器粉 次の製品:ナノメートル炭化ホウ素陶磁器粉
  • ナノメートル陶磁器粉:ZrC
  • 純度:>97.0%
  • 酸素含有量:<1.0%
  • 結晶形:立方構造
  • 平均粒度:20 nm
  • 比表面積:11m2/g
  • 松装密度:0.08g/cm3
  • 外観色:

    性能特徴:

      製品は高純度、小粒径、平均な分布、比表(specific surface area)面積、高表面活性、松装密度(apparent density of powdersで、具有耐熱、抗酸化、高强度、高硬度、高靭性、良好な熱伝導性良好などの特徴があります。炭化ジルコニウム高熔点、高强度及び耐腐食という特徴を持っている重要な高温構造材料で、可視光、反射赤外線と蓄積エネルギーなど効率よく吸収することができます

    主な用途:

    新型保温调温織物:炭化ジルコニウムは可視光、反射赤外線を効率よくという特性があるため、太陽の中の95%ある2μm以下短波長エネルギーを吸収してから、熱転換によって、材料に蓄積することができます。その上に、2μm以上の赤外線長を反射できます。人間からの赤外線の波長は約10μmなので、ZrC入りの織物を着ていると、その赤外線は外へ発散しにくくなります。これは炭化ジルコニウムに吸熱蓄熱という特性があると言えます。本製品は新型保温调温織物に応用できます

    繊維に応用する場合:东华大学新乡白鹭化纤集团有限责任公司が協力して研究した結果によると、本社のナノメートル炭化ジルコニウムを脱塩素処理せずに作った水溶液胶粘丝に入れたたら、高結合力、高通過率、成型しやすいなどの特性がわかりますその上に、炭化ジルコニウム含量と入れ方によって、繊維近赤外吸收性能が違います。繊維の中の炭化ジルコニウム含量万分二(重量)に達した場合、繊維近赤外線吸收性能が一番高いです。炭化ジルコニウム繊維鞘層にいれている近赤外線吸收效果芯層に入れるよりもっと有効です

    耐熱涂層:ナノメートルZrC熔点3540です。炭化ジルコニウム陶磁器力学性能が高くて、特に耐熱など厳しい環境の中で、非常に高い耐熱性能を所有し、航天航空分野で不可欠の材料になっています

    硬質合金:炭化ジルコニウム高熔点、高强度及び耐腐食という特性がある重要な高温構造材料ですその優れた特性のおかげで、硬質合金で多くのところに使われます。ナノメートルZrC入りの硬質合金强度、耐腐食性能が大幅にアップされました。

    金属涂層材料:低密度疏松炭化ジルコニウム涂層抗熱应力絶縁性能が良好で、絶縁材料として使えます;高密度致密炭化ジルコニウム涂層抗浸透性能良好、保护镀膜に使えます

    核工業:ナノメートルZrC高温高强度、高硬度、熱中子吸收截面が小さ、耐輻射性能が良いという特性があり、核燃料粒子阻止層を覆う新材料として使われています

    磨料磨具:ナノメートルZrC莫氏硬度8-9且つ熱伝導性能良好、磨料磨具類の良好材料です 

    注意事項:

      本製品は乾燥した涼しい場所に保存してください。加圧禁止です。表面処理されていない粉体は水分を吸収した場合固まるので、分散性能と使用効果に影響しないように、使用する時空気の中で曝さないでください。