ナノメートル粉体は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

当社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉体の工業化生産、規模化生産を実現しました。会社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

ナノメートル窒化チタン陶磁器粉

次の製品:ナノメートル窒化ケイ素陶磁器粉
  • ナノメートル陶磁器粉:TiN
  • 純度:>97%
  • 酸素含有量:<1.0%
  • 結晶形:立方構造
  • 平均粒度:20 nm
  • 比表面積:48 m2/g
  • 松装密度:0.08g/cm3
  • 外観色:

    性能特徴:

       本製品高純度、小粒径、比表(specific surface area)面積が大きい、高表面活性、UVカット80%以上阻隔性能に優れるなどの特徴があります本材料は良好導電性があり、熔盐電解電極電触头などの導電材料として使えます 

    主な用途:

    プラスチック分野:

    1PETボトル改質(modification): a熱塑成形温度を下げエネルギー30%節約するb泛黄光を遮って製品の明るさと透明度をアップさせるc高温罐装用のためにボトルとしての熱变形温度を上げる

    2PETビール瓶として使うPET瓶の無色透明という外観を保持するまま、气体阻隔性能10倍以上上げるが使う量は千分しかない

    3PET工程プラスチック強化:少量ナノメートル窒化チタン粉体PET工程プラスチックに分散させることによってPET工程プラスチック結晶速度が大幅に上がるため、簡単に成型して、プラスチック総合强度がアップする上に、ナノメートル効果PET工程プラスチック耐磨耗性抗冲击性を大幅にアップすることができます 

    贴膜分野:镀有窒化チタン膜のガラスは新しい“熱镜材料”でもあります。薄膜の厚さが90nm以上の場合、赤外線反射率75%以上になるためガラスの保温性能をアップしましたまた、窒化チタン薄膜の色も変更できます。窒素含量の下がることに伴い、金黄、古銅、ピンクなどの色になり、非常にきれいです。

    ソーラー真空管で太陽光吸收剤として使われるある台湾企業が本社製品を使う実験で、添加率が千分ソーラー加熱器镀膜3間以内に水温を4-5に上げることがわかりました伝統的な真空镀膜より生産コストが大幅に下がります。  

    陶磁器分野:窒化チタン高强度金属陶磁器工具、喷汽推进器、及びロケットなどに使われる良好な構造材料です

    金属分野:

    1)窒化チタン導電性が高いため、熔盐電解電極及び点触头、薄膜電阻などの材料として使えます。窒化チタン超导限界温度が高いので、超导材料としても優れています

    2)硬質合金の応用:粉末冶金原理方法(ナノメートル分散技術と工艺含むを使って、ナノメートルTiNを入れることで金属晶粒を細かくすることができます。合金晶须構造ができ、合金硬度及び靭性を上げる上に明らかな効果があります

    高熱輻射率涂層の応用:ナノメートルTiN高温で使われる高熱輻射率涂層の重要な材料です。プラズマ 噴塗技術設備で開発した涂層材料を使って実験した結果、熱輻射率性能が大幅に上がります。本製品は主に高温炉窑省エネなどに使われています           

    液晶パネル:窒化チタン熔点が高くて、耐腐食です。液晶パネルのすでに腐食になった部分の导線の代わりとして、線路断裂と剥落を防止することができます。

    注意事項:

       本製品は乾燥した涼しい場所に保存してください。加圧禁止です。表面処理されていない粉体は水分を吸収した場合固まるので、分散性能と使用効果に影響しないように、使用する時空気の中で曝さないでください。