ナノメートル粉体は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

当社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉体の工業化生産、規模化生産を実現しました。会社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

複合鍍ナノメートル濃縮ペースト

前の製品:複合鋼水浄化剤
  • 製品名:複合鍍メッキナノメートル濃縮ペースト
  • 型番:CPP-nanoSiC/TiON
  • 外観:灰白ペースト
  • ナノメートル粉体含量:5%
  • 平均粒径:30-50nm
  • pH値:7

    技術説明

      複合镀技術材料表面強化の手段として、その鍍膜は高硬度、耐磨耗性、自潤滑性、耐腐食性、特殊な外観と電気接触、電気触媒などの機能があるため、大いに注目されています。現在、ナノメートル微粒複合镀膜の設備方法は主に複合メッキ、複合化学メッキ、複合電気ブラシメッキと噴塗などがあります。基体金属微粒の性質によっては、高硬度磨耗、自潤滑、耐熱及び腐食などその他機能性のある镀膜になります

    主な成分

    1、複合镀ナノメートルSiC濃縮ペースト純度分散ナノメートルSiC、脱イオン水と少量の分散剤、無毒環境にも無害です。

    2、複合镀ナノメートルNi-P-TiON濃縮ペースト純度分散ナノメートルTiON、脱イオン水と少量の分散剤、無毒環境にも無害です。

    性能特徴:

    高顕微硬度

      镀膜ナノメートルSiCを入れることで、镀膜顕微硬度が大幅に向上します。A3鋼板上のニッケル基 SiCナノメートル複合镀膜の研究結果によると、SiC镀膜で平均に分布しますSiCナノメートル镀膜硬度は純ニッケル镀膜3ですNi-SiCナノメートル複合電镀技術の研究で、最高の条件で件下での镀膜顕微硬度897HVに達し純ニッケル镀膜4で、腐食が純ニッケル镀膜3倍以上です。镀膜晶粒が小さい上に、表面も滑らかで、しかも構造が平均、緻密で、ナノメートルSiCはきれいに複合镀膜に分散しています。

    高耐磨耗性

      镀膜ナノメートルSiCを入れることで镀膜磨減摩があがります。ナノメートルSiC複合镀膜は接触による摩擦が発生する場合、浮いているSiはメイン滑り面になって、先に磨耗します。脱落した後、質が磨耗します。また、微孔Microporous)に油が貯蔵され、潤滑効果もあります。摩擦面に液体やペースト潤滑剤を塗ることと比べて、自潤滑できる複合镀膜高温、低温、真空、强輻射など悪い環境でも独特なメリットがあり、乾摩擦ベアリング、ブシュ、シールリング、ベアリングホルダなどに使われていますNi-PナノメートルSiC镀膜耐磨耗性への研究によると、ナノメートル複合镀膜の磨耗Ni-P合金镀膜より小さいことが判明しました。镀膜の磨耗ナノメートル粉体含量の増加に伴い減ります。熱処理、ナノメートルSiC含量4.0g/Lの場合、耐磨耗性Ni-P合金镀膜より4も強いです。

    耐腐食

     複合镀ナノメートルNi-P-TiON濃縮ペースト耐腐食性Ni-P合金镀膜より強い原因としては、ナノメートル粒镀膜で広く分散、ナノメートル粒が小さくて、晶粒化作用がある同に、镀膜析水素による穴を埋めることと、ナノメートル粒表面原子は非常に活躍で、镀膜金属原子と拡散が発生し、配位吸着または化学結合になるため、镀膜の結合がもっと良くなり、镀膜致密度を上げることです。35umNi-TiON镀膜中性耐塩霧実験は1000hに達するため、その耐腐食性が強くなります。

    使用方法:

      本スラリーがそのまま長く置かれると、ソフト沈殿が発生しますが、性能には影響しません。使用する前に、スラリーを沈殿がなくなるまでよく混ぜ、20超音波分散あるいはサンドミル30の砂砕してからメッキを始めるとき、温度を50-60に上げた後、ノメートルスラリー化学镀镀1Lナノメートルスラリー20mlぐらいの比例で入れます。電镀镀液1Lごとに30-80ML具体的な用量は実験状況により調整することを入れPH4.6-5.4 (镀液により調整することにしよく混ぜます。镀液温度が作業温度70-80 ℃)になってから100-200r/minでメッキします。 

    コメントメッキする前に、サンドペーパーで磨きをかけ、エタノール10ぐらい入れます。その後、水で洗い、弱酸1ぐらい入れてからで洗って実施するほうがもっと有効です。