ナノメートル粉体は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

当社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉体の工業化生産、規模化生産を実現しました。会社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

石炭ナノメートル触媒剤

前の製品:自動車潤滑油添加剤 次の製品:金属変質剤
  • 比重:1.03-1.06g/cm3
  • 粘度:40-60mpa.s
  • PH値:6.8非腐食性
  • 沸点:230 ±5 ℃
  • 氷点:-30 ℃
  • 外観:黑い液体 (常温で発揮しません)

    製品説明:

     本石炭ナノメートル触媒剤は既存の石炭触媒法で使われる手段を突破し、ナノメートル微粒量子サイズ効果、小サイズ効果、表面効果などの特性を利用し、ナノメートル表面処理技術、ナノメートル分散技術、ナノメートル構造組み立て技術を使って、ナノメートル構造で新たな効果を発生させます。石炭ナノメートル触媒剤が入った石炭は燃焼中に、多種のナノメートル微粒量子サイズ効果、表面効果などの特性の共同作用を受け、が低下し、大分子有機分解が速くなり、有効に酸素を収集するので、迅速且つ十分に燃焼させます。廃棄ガスの排出量が下がるので、石炭節約、熱效率の効果が著しいです。また、触媒で形成したトンネルで二酸化硫黄の中のROR2Oはそこで迅速に化学反応し、安定する硫酸塩になり固まるので、二酸化硫黄の排出も有効に下げました。発火点と使用風量が大幅に下がるので、窒素化合物は燃焼中の形成も明らかに少なくなりました。 

    作用原理

    石炭ナノメートル触媒剤を入れた石炭は燃焼中に浸透-酸化→触媒→分解などが発生するため、炭素酸化反応の活性化は低下します。大分子有機分解が加速し、酸素を有効に収集にし、均等且つ十分に燃焼させるため、石炭節約、熱效率向上、窒素化合物排出低下の効果になります。また二酸化硫黄と灰分の中のアルカリ土金属が迅速に化学反応し、安定する硫酸塩になり、二酸化硫黄の排出を下げました。

    主な成分

      ナノメートル粉体、分散、酸化等非离子、阳离子型高分子材料;SCLFが無し毒副作用無し

    機能

    石炭燃焼率向上石炭節約率は3%-8%

    降低二酸化硫黄、チッソ酸化物など汚染物の排出を下げる         

    風使用量、石炭使用量、風機及び石炭輸送電気消耗を下げる

    ボイラー结渣、结焦を有効に改善する 

    使用範囲

    火電、熱電、化学工場の石炭燃焼ボイラー

    石炭ボイラー循環流化床ボイラー、チェーン炉;

    軟炭、無煙炭、粗悪な石炭など;

    鉄鋳造工場高炉、コンクリート工場の新型干法窑;