ナノメートル粉体は規模化生産に達し、世界では業界のトップになっている

当社は先進的なプラズマ気相合成法を利用して、ナノメートル粉体の工業化生産、規模化生産を実現しました。会社には生産ライン合計48本で、日生産量は1ライン50kgもあります。

ナノメートル炭化ケイ素陶磁器粉末

次の製品:ナノメートル炭化チタン陶磁器粉
  • ナノメートル陶磁器粉:SiC
  • 純度:>97.00%
  • 遊離ケイ素:<0.2%
  • 酸素含有量:<0.61%
  • 結晶形:立方構造
  • 平均粒度:60nm
  • 比表面積:29m2/g
  • 松装密度:0.05g/cm3
  • 外観色:灰緑

    性能特徴:

      本製品高純度、小粒径、平均な分布、大比表(specific surface area)面積、高表面活性、低松装密度(apparent density of powders学、熱学、電気学および化学的な性能が優れています。つまり高硬度、高耐摩耗性、優れた自己潤滑性、熱伝導率大、低熱膨張係数および高温高強度であることが大きな特徴です。

    主な用途:

    金属およびほかの材料の表面処理に使います

    1)耐摩耗塗膜:对刃物のような耐摩耗性が求められる工具の表面に塗装することで、耐摩耗性がよくなり、長持ちできます。

    2)波動吸収用塗膜:ナノメートルSiC2-18GHz周波数域で吸収能力が優れています。レーダーは1-15GHzで動作しています。ナノメートルSiCを戦闘機や爆撃機などの外殻に塗装すれば、レーダーの周波数をよく吸収し、センサーから探知されにくくなります。

    高強度ナイロン合金新型材料改質(modification:ナイロンにβ-SiCを入れると、引張り抵抗強度は普通のPA6より10%以上向上し、耐摩耗性は2.5倍以上上がります。

    精密構造を持つ陶磁器部品の製造:たとえば冶金、化学工業、機械、宇宙飛行およびエネルギーなどの分野で使われている滑り軸受、液体燃料ノズル、坩堝、大電高性能複合材料の製造:金属基、陶磁器基、高分子基複合材料

    1)陶磁器基複合材料:SiC複合陶磁器は高強度であり、大熱伝導率、高耐震性、抗酸化、耐摩耗、高い耐食性などの高温性能を備え、優れた陶磁器材料です。冶金、エネルギー、化学工業などの分野で広く活用されています

    2)金属基複合材料:SiCは合金に対して増強相であり、SiCの質量容量が1%の場合、強度は一番よく、引張り抵抗強度は391MPaにも達しています。

    3)高分子基複合材料:ナノメートルSiCが入った高分子複合材料の耐摩耗性は未改質の樹脂より4倍ほど改善され、摩擦係数は36%低下し、引張り弾性率は44.9%上がり、引張り強度は15.8%向上します。

    特種工程用プラスチックポリエーテルエーテルケトン(PEEK)耐摩耗性改質:カップリング剤で表面処理したナノメートル炭化ケイ素は添加量が約10%の場合、PEEKの耐摩耗性を大きく改善されます。

    複合ニッケルメッキなどの金属表面:

    1)金属鍍金:ニッケルを金属基として、SiC粒を追加し金属鍍金をメッキします。その複合メッキの顕微硬度は大幅に向上し、耐摩耗性は3-5倍上がり、使用寿命は2-4倍伸ばされ、メッキと基体の結合力は30-40%向上します。被覆力が強くて、メッキが平均になって、細かくて滑らかです

    2)プラスチックメッキ:メッキ硬度は純ニッケル層硬度の2.68倍で、耐摩耗性は純ニッケル層の4.1倍です。メッキの結合力が優れて、発泡、亀裂、脱落が起きません

    ゴムタイヤでの適用:本来のゴム配合での改質処理に影響しなく、本来の性能と品質を維持する前提で一定量のナノメートル炭化ケイ素を入れると、耐摩耗性に15%—30%の向上が期待できます。また、20ナノメートル炭化ケイ素はゴムローラー、プリンターの定着フィルムなどの耐摩耗、熱伝導率が高く、耐恒温のゴム製品に使われています。  

    炭化ケイ素が特殊プラスチックへの適用:PI(ポリイミド.)PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)などの特殊プラスチックの中、PEPVCPAPPPSPCPETPBTABSPOMPPOPPSなどにそのうちに大規模に適用される見込みです。プラスチックの耐摩耗性、熱伝導率、絶縁、引張り衝撃、耐高温性を全面的に向上でき、熱膨張係数が小さくなります。

    継電器分野:複合メッキを使って銅合金あるいはほかの金属材料基体で薄いAu-SiCを形成させます。総合性能良好な複合メッキを継電器の接点に適用すれば、継電器の動作確実性と使用寿命が大幅に上げられます

    潤滑油脂での応用ナノメートル炭化ケイ素は各種類の油脂に入れられると即に油脂と一体になり、金属表面でナノメートル保護膜が形成します。この保護膜のおかげで摩擦力が低減され、摩擦係数がほぼ0になり、不思議な能力があります。また、この材料は摩損した金属表面で物理的なナノメートル浸透メッキすることで摩損を修復することが実現できます

    ほかの分野:高性能構造陶磁器(例えばロケット、ノズル、核工業など)、周波数吸収材料、耐摩耗潤滑油脂、高性能ブレーキパッド、高硬度耐摩耗粉末塗料、複合陶磁器の強度強化および強靱化など。

    注意事項

    本製品は乾燥した涼しい場所に保存してください。加圧禁止です。表面処理していない粉体は水分を吸収し固まるので、分散性能と使用効果に影響しないように、使用する時空気の中で曝さないでください。

    高性能複合材料の製造:金属基、陶磁器基、高分子基複合材料

    1)陶磁器基複合材料:SiC複合陶磁器は高強度であり、大熱伝導率、高耐震性、抗酸化、耐摩耗、高い耐食性などの高温性能を備え、優れた陶磁器材料です。冶金、エネルギー、化学工業などの分野で広く活用されています

    2)金属基複合材料:SiCは合金に対して増強相であり、SiCの質量容量が1%の場合、強度は一番よく、引張り抵抗強度は391MPaにも達しています。

    3)高分子基複合材料:ナノメートルSiCが入った高分子複合材料の耐摩耗性は未改質の樹脂より4倍ほど改善され、摩擦係数は36%低下し、引張り弾性率は44.9%上がり、引張り強度は15.8%向上します。

    特種工程用プラスチックポリエーテルエーテルケトン(PEEK)耐摩耗性改質:カップリング剤で表面処理したナノメートル炭化ケイ素は添加量が約5‰~1%の場合、PEEKの耐摩耗性を大きく改善されます。

    複合ニッケルメッキなどの金属表面:

    1)金属鍍金:ニッケルを金属基として、SiC粒を追加し金属鍍金をメッキします。その複合メッキの顕微硬度は大幅に向上し、耐摩耗性は3-5倍上がり、使用寿命は2-4倍伸ばされ、メッキと基体の結合力は30-40%向上します。被覆力が強くて、メッキが平均になって、細かくて滑らかです

    2)プラスチックメッキ:メッキ硬度は純ニッケル層硬度の2.68倍で、耐摩耗性は純ニッケル層の4.1倍です。メッキの結合力が優れて、発泡、亀裂、脱落が起きません

    ゴムタイヤでの適用:本来のゴム配合での改質処理に影響しなく、本来の性能と品質を維持する前提で一定量のナノメートル炭化ケイ素を入れると、耐摩耗性に15%—30%の向上が期待できます。また、ナノメートル炭化ケイ素はゴムローラー、プリンターの定着フィルムなどの耐摩耗、熱伝導率が高く、耐恒温のゴム製品に使われています。  

    炭化ケイ素が特殊プラスチックへの適用:PI(ポリイミド.)PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)、PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)などの特殊プラスチックの中、PEPVCPAPPPSPCPETPBTABSPOMPPOPPSなどにそのうちに大規模に適用される見込みです。プラスチックの耐摩耗性、熱伝導率、絶縁、引張り衝撃、耐高温性を全面的に向上でき、熱膨張係数が小さくなります。

    継電器分野:複合メッキを使って銅合金あるいはほかの金属材料基体で薄いAu-SiCを形成させます。総合性能良好な複合メッキを継電器の接点に適用すれば、継電器の動作確実性と使用寿命が大幅に上げられます

    潤滑油脂での応用ナノメートル炭化ケイ素は各種類の油脂に入れられると即に油脂と一体になり、金属表面でナノメートル保護膜が形成します。この保護膜のおかげで摩擦力が低減され、摩擦係数がほぼ0になり、不思議な能力があります。また、この材料は摩損した金属表面で物理的なナノメートル浸透メッキすることで摩損を修復することが実現できます

    ほかの分野:高性能構造陶磁器(例えばロケット、ノズル、核工業など)、周波数吸収材料、耐摩耗潤滑油脂、高性能ブレーキパッド、高硬度耐摩耗粉末塗料、複合陶磁器の強度強化および強靱化など。

    注意事項

    本製品は乾燥した涼しい場所に保存してください。加圧禁止です。表面処理されていない粉体は水分を吸収した場合固まるので、分散性能と使用効果に影響しないように、使用する時空気の中で曝さないでください。